ケース

参謀型PMOの構築

「参謀型PMO」は、経営層の戦略と現場のプロセスをダイレクトにつなぎ、参謀として戦略の実行をフォローする、経営層直轄のPMO(プロジェクト・マネジメント・オフィス)です。

0829_zuhan_10

プロジェクトの失敗には必ず原因があります。そして、その原因はプロジェクトの内部だけではなく外部にあることも珍しくありません。たとえば、プロジェクトに参加しているメンバーが担う、定常組織で行われる日常業務のケアなどがまったく考えられていないケースです。
PMOは、そのような組織において、プロジェクトを円滑に進めるためのプロセスや人材教育などを、仕組みとして導入するために設置されます。
参謀型PMOは、経営層の意見を咀嚼し、経営層の戦略と現場のプロジェクトを一般的なPMOよりもダイレクトにリンクさせることができます。

0829_zuhan_11

初期教育

PMO構築のための専門のものではなく、PM(プロジェクト・マネジメント)の一般の研修などと同じプログラムで、PMについての理解を深めます。

メンバー選定

初期教育の段階で人材の見極めも同時並行で進め、適性を持つ人材をPMOのメンバーに選定します。

ロードマップ設計

PMOの構築、そしてその後の運営のロードマップを設計します。

モニタリングの設計

PMOが組織内の個々のプロジェクトをどのように管理・評価するのか――という、モニタリングのやり方(どのような会議体で報告するか、どんなフォーマットで報告するか、その際の評価の基準ややり方はどうするのか、など)を設計します。

モニタリングの実施

モニタリングの実施→各プロジェクトへのフィードバックという流れが正しく実行できるようになるまで、モニタリングの実施をサポートします。